更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2015 081234567891011121314151617181920212223242526272829302015 10

【  2015年09月  】 

美月と忘年会③

Can't Stop Fall in Love【番外編】

2015.09.25 (Fri)

 「しっかし、気に入った女の子を強引に秘書にしちゃうなんて、専務もなかなかやるわねぇ!」 「腹黒御曹司なんて萌えるわぁ……。羽田野ちゃん、良かったわね!」 ───ちっとも良かぁないわい! ようやく戻ったお座敷は、退席前よりも異様な盛り上がりを見せていた。いつまで経っても誰も助けに来てくれないと思っていたら、私が席を外している間に須崎商事の誇るスーパースターが現れたものだから、みんなそれどころではなかっ...

PageTop▲

美月と忘年会②

Can't Stop Fall in Love【番外編】

2015.09.25 (Fri)

 「ちょっと、聞いてるの!?」 遠い目をしていたら、痺れを切らした一人に肩を小突かれた。 ……ほらね、こうなるんだから。  お手洗いを済ませて廊下に出たところで、私は数人の女の人たちに取り囲まれた。私服姿だから最初はわからなかったけど、よくよく見れば顔に見覚えがある。同じ会社の社員で、受付をしている人たち。 暮れの押し迫ったこの時期に、同じ会場の同じ時間帯に他の部署と忘年会が重なるのは考えにくい。だと...

PageTop▲

美月と忘年会①

Can't Stop Fall in Love【番外編】

2015.09.25 (Fri)

 「羽田野さん、この前お願いした注文書はもうできてる?」 自分のデスクでパソコン作業中だった私に声を掛けたのは、同じ総務課ではあるが数年先輩にあたる中堅の男性社員だった。 「え……、注文書、ですか?」 仕事の手を止めて頭を巡らせるけど、何を言われているのか実はよくわからない。なぜならこの人に仕事を頼まれた覚えがまったくないからだ。 それなのに聞き返された男性社員は、あからさまに不快な顔を見せる。 「...

PageTop▲

『Can't Stop Fall in Love』引き下げました

未分類

2015.09.24 (Thu)

21日10時を持ちまして本編第3部及び番外編の一部を引き下げさせていただきました。長くご愛読いただきました皆様に、ひとまずお礼申し上げます。今回の書籍ではページ数の都合上いくつかのエピソードをカットしています。雪の女王と輝翔の元カノがメインで、美月に対する同僚らの嫌がらせや忘年会のくだりはありません。あとは、第三部のラストシーンも丸々カットになっています。カットされたシーンにつきましては、再編集して...

PageTop▲

腹黒王子の失恋

Can't Stop Fall in Love【番外編】

2015.09.16 (Wed)

 仕事を終えたある日の夜、俺は呼び出しのあったバーへと向かった。ビルの一角にある店の重厚な扉を開くと、顎髭を蓄えた初老のマスターが俺を一瞥して静かにほほ笑む。客もまばらな店内を見渡せば、カウンターの隅に突っ伏している人物の姿を捉えた。 俺を呼び出した張本人───須崎輝翔、である。 呼び出された理由になんとなく心当たりはあったが、輝翔のうなだれた様子で予想が的中していたのがわかる。 「悪い、遅くなった...

PageTop▲

ジュリアに傷心《ハートブレイク》

Can't Stop Fall in Love【番外編】

2015.09.16 (Wed)

 総務部の一大イベントであるパーティーを終え、長谷部くんとの偶然の再会やら輝翔さんと金髪美女との浮気?騒動を乗り越えた後日。噂の金髪美女ジュリアさんが本国フランスへ帰国する日となり、私と輝翔さんは見送りを兼ねて空港へと出掛けることになった。 というのも、彼女が幼なじみである輝翔さんの恋人=私に、ぜひ会って話がしたいと希望したからである。 「心配しなくてもいいから。」 輝翔さんの運転で空港へと向かい...

PageTop▲

兄の憂鬱

Can't Stop Fall in Love【番外編】

2015.09.16 (Wed)

 「───ぶほぉっ!!」 清水沙紀は、突然の奇妙な咳に驚いて家事の手を止めて振り返った。 「悠一さん?」 視線の先では、婚約者である羽田野悠一が食後のコーヒーを盛大に吹き出して咽込んでいた。 「ごめんなさい、熱過ぎた?」 布巾でこぼれたコーヒーを拭いながらも、むせ続ける悠一の背中をさする。 「いや……、違う……。ゴホッ、ふざけたメールが来て、驚いただけ……」 悠一は真っ赤な顔でゴホゴホと咳き込みながら、手に...

PageTop▲

あらすじ

Can't Stop Fall in Love【番外編】

2015.09.16 (Wed)

社会人1年生の美月には憧れの先輩がいる。兄の親友であり、会社の上司で御曹司の輝翔先輩。自分とは住む世界の違う人だから。これは恋愛感情なんかじゃない。そう思いながらも、心はずっと彼を追いかけていた───。優しくて紳士的でずっと憧れていた人が、実は意地悪で嫉妬深くて独占欲も強い腹黒王子だったというお話をコメディタッチでお送りしています。*アルファポリス エタニティブックスより書籍化されました。*ムーンラ...

PageTop▲

『Can't Stop Fall in Love』第二巻書籍化&引き下げのお知らせ

未分類

2015.09.05 (Sat)

こんにちは。桧垣森輪です。いつも私の作品をお読みいただき、誠にありがとうございます。 急なお知らせで申し訳ありませんが、9/6現在『Can't Stop Fall in Love』の第二巻刊行のお話がアルファポリス様にて進んでおります。それに伴いまして、ムーンライトノベルズにて公開中の本編第三部及び番外編『それはまるで月のように』『美月と雪の女王』を、9/21(月)10時に引き下げさせていただきます。まさかまさかの、二巻...

PageTop▲

新作はじめます

未分類

2015.09.04 (Fri)

気がつけば、一ヶ月半ほど執筆から遠ざかっておりました。夏休みを満喫していたわけではなく、いろいろなことが重なった、大変忙しい夏でございました。9月に入り、ようやく通常の生活を取り戻してまいりましたので、そろそろ新作をはじめたいと思います。今回は、桧垣初の、二作同時連載!『Can't Stop~』連載中に短編を書いたこともありますが、これまではひとつの作品に集中して執筆していました。ですが、ノリノリの時はいい...

PageTop▲

前月     2015年09月       翌月

Menu

プロフィール

桧垣森輪

Author:桧垣森輪
2014年からweb小説にはまり、稚拙な恋愛小説を書いています。
打たれ弱いので、温かく見守ってください。

最新記事

最新コメント

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR